リフォームは大変なことでした

我が家は、主人の両親の家をリフォームして2世帯で住めるようにしました。
私たちの理想の家と、主人の両親、主に父が、よくリフォームに意見してきました。
その言葉は時にとても助かる助言の時もありました。風通しのことや、柱の位置のこと、リフォーム会社に容赦ないダメ出しなど、いろいろと助言をくれたからこそ、家が素敵になったと思っています。
値段の交渉もお父さんがいたから、値段が上がらなかったと思います。
しかし我が家の主人も自分の家を造るという気持ちがあり、家主になったのにこんなに父親にいろいろと物を言われて親子仲がどんどん悪くなってしまう時期もありました。
親子で一緒に住むために二世帯にしようとしているのに、リフォーム工事中衝突が多くなり、私も主人と父との間でどう声掛けをしようかいつも考えていました。
結構なストレスになりました。主人も「なんか疲れた、リフォームなんてしないで、どっか別の場所で好きに家を建てて住んだほうがいいかも」なんて言い出すものだから、焦りました。工事も始まったときのことだったので。
真剣だからこその衝突だったと今は思います。

PR|練馬区の注文住宅で理想の生活|