自宅をリフォームしてわかったこと

数年前にテナントとして貸していた空間をリフォームして住めるようにしました。

その時に思ったことは、お願いした業者さんが紙媒体の図面しか作ってくれなかったので、どんな家になるのかなかなか想像できなかったです。

クローゼットの大きさとかもよく分からず、実際出来上がってみたら中途半端なクローゼットになってしまって洋服もかけられないし、使い勝手がとても悪いものになってしまいました。

あと、電源の場所に悩みました。そんなになくてもいいかなと思って削った場所とかもあったのですが、今ではつけとけば良かったと思っています。

特にお風呂場には、洗濯機用以外にもう1〜2箇所あったら良かったと思います。

クローゼットは自分で棚などを作って書籍やCD、DVDなどの収納にしていますが、それでもうまく使えてないので悩みの解決まではいってないと思います。

間取りはどうしようもできないので諦めています。

電源は電気屋さんにお願いすれば増やせるみたいですが、大掛かりになりそうなのでこちらも諦めてます。

結局は悩みはどれも解決できてないですね…。またリフォームや新築することがあるとすれば、そこで生かしたいと思います。

間取りや家の雰囲気がわかるように業者さんにお願いして、イメージ画像を作ってもらうといいと思います。

住む人の立場に立って考えてくれる業者さんを見つけることです。