光の取り入れ方と広々設計

練馬区に戸建て新築住宅を建てたいと考えていたところ、思いがけず、理想としていた場所に土地が売り出されていたことで、我が家のマイホーム作りが始まりました。

窓の大きさや形、床からの窓の高さなどを決め、日中暗い部屋が無いように考慮しました。

廊下の幅も広くしたことで、引っ越し屋さんにはとても喜ばれました。

入居して数年経ちますが、家具や電化製品の搬入や修理のための業者さんの出入りには、廊下の幅広さは重宝しています。

リビングは広く、ダイニング、和室とすべてが見渡せる作りとなっています。

良いこともたくさんあるのですが、来客があったときに1階フロアがすべて見渡せるというのは、見られたくないものまで見せているような感じがするので、ちょっと困りどころです。

あとは、収納をもっとたくさん作っておけばよかったと思います。

後付けの収納も作ることは出来ますが、スマートには見えないので、設計の段階から熟慮するべきだったと思います。

キッチンなどは、あとから素敵なものが売り出されるのは仕方のないことですが、家自体の造りはしっかり最初にしておけば、何年経っても良いものなので、ぬかりなく吟味するべきことだと思います。