増築か?リフォームにするか?新築にするか

リフォームはさておいて、増築となると難しいと、先日も思ったばかりです。うちの実家が築30年以上だということもあって、練馬区の注文住宅をリフォームすることとなったのですが、一緒に住む妹夫婦の希望もあって、増築を考えているそうなのですよね。

しかし既にある一戸建て住宅の間取りを変えるのって、なかなか難しいようなのです。現代の柔軟性の高い家ならばそうではないのかも知れませんが、昭和な間取りのクラシカルな一戸建て住宅ですから、これがなかなか大変なようです。

しかも増築となると、リフォームよりもお金がかかることですからね。ただ単にキレイに修繕を行うリフォーム工事となりますと、現代では技術の進歩もあってのことか、ずいぶんと低価格になっているようなのですが、構造をいじるとなるとやはり価格は下げることはなかなか難しいようで。

ですから妹夫婦およびうちの両親は今、「リフォームにするか?更地にしてから新築を建てるか」というところで迷っているそうです。しかしこのような決断を前に、両親に関しては「今の技術はすごいねぇ」と、この歳にして色々なことを知ることができて嬉しいようで。老人になっての新たな刺激にワクワクしているようです。